タグ:PENTAX Q ( 13 ) タグの人気記事

足並

a0290637_22113717.jpg

都会は嫌い。
色が嫌なのか、ついモノクロームで撮ることが多い。
[PR]
by krosyu | 2013-09-06 22:14 | Photo

Theta

本日、RICOHからThetaが発表されました。
https://theta360.com/ja/concept/
かなり面白い製品だと思います。

新しい価値を創ろうとしている点なんかは、ペンタの焼き直し一眼レフよりもよっぽど好感が持てます。

2万円代なら多分買いますね。


a0290637_23542867.jpg

ところで、こういう物を真っ直ぐ撮るのがとても苦手です。
真ん中に立って真っ直ぐカメラを構えてるつもりなのに、モニタで確認してみると、全然真ん中じゃないし、真っ直ぐでもない。
こんなとき、自分は本当に下手くそだなあと実感しますね。
[PR]
by krosyu | 2013-09-05 23:56 | Camera

07 MOUNT SHIELD LENS レビュー & 作例

買ってきました 07 MOUNT SHIELD LENS
a0290637_17371386.jpg


薄い!

こうなるともう完全にコンデジサイズですね。

ポケットにもすっぽり収まります。
a0290637_1741631.jpg

a0290637_17402490.jpg


気になるその写りは現代のレンズとは思えないひどさ!(褒め言葉)
まあ1群1枚ですしね!収差の補正なんてできません!

以下、PENTAX Q + 07レンズで撮った写真です。

a0290637_17394732.jpg


a0290637_17442513.jpg


a0290637_17434139.jpg


a0290637_17445092.jpg


a0290637_17441142.jpg


a0290637_17443584.jpg


a0290637_17435661.jpg


意外とマクロ域に強いですね。

思ってたよりよく写ります。

像面湾曲がモノスゴいことがすぐに分かりますね〜


コレを3群にして自由にピント合わせられるようにしてくれたら一番良かったんですけどね〜・・・
まあレンズがこんなに小さいと仕方ないでしょう。





あとQ7も触ってきました。

目立つところとしては、ソフトが一新されていて動作が軽快になっている点ですね。
QやQ10とは結構違う感覚です。AFとか。

02 STANDARD ZOOMの画角は非常に広くなってました!

換算23〜69mmなので広角好きには嬉しいズームです。

撮影を目的としてない旅行とかなら、もうQ7+02レンズだけでいいんじゃないかなーと思います。


というわけで、Q7 & 07 MOUNT SHIELD LENS、超オヌヌメです!
[PR]
by krosyu | 2013-07-05 17:53 | Camera

PENTAX Q用 07 MOUNT SHIELD LENS 試写

Qの07 MOUNT SHIELD LENSも試写してきました。

a0290637_2110676.jpg


単玉ならではの面白い描写です。

そして何よりめっちゃ薄い!

Qがすっぽりポケットに収まります!

まさにレンズ付きボディキャップですね〜

明日早く買いたい!
[PR]
by krosyu | 2013-07-04 21:11 | Camera

RX100IIの1インチ裏面照射CMOSセンサはスゴい。 RX1Rは要らない子。

カメラの話題が続きます。
a0290637_3324228.jpg


昨日発表されたRX100II、そしてRX1Rについて。
正直言ってほとんど興味は無いのですが・・・一点だけ驚いたことがありました。

それは、RX100IIに搭載される1型裏面照射CMOS。

これまで裏面照射CMOSと言ったら1/2.3とか、1/1.7とか所謂コンデジ用のセンサでしか実現できませんでした。

なぜかというと、優れた研磨技術が必要だからです。


は?研磨技術?関係あんの?って方も多いと思います。

ということで、裏面照射について説明します。
そもそも裏面照射というのは何かと言うと、本来であれば表面のみを使うセンサの裏面を使ってみよう!というものです。

当然、表面・裏面って何よ?って話になりますよね。

センサというのはSiウエハから作られます。
Siウエハというのは、多結晶Siを溶かし、できるだけ欠陥の少ない種結晶を使って溶かした多結晶Siを単結晶Siにして、だんだん大きくしていって、ケバブの肉みたいになったSiインゴットを厚さ1mmくらいにダイヤの刃で輪切りにしたものです。インゴットはだいたい1mとかまで成長させられるので、一本のインゴットから1000枚とかそのくらいウエハが作れます。
ウエハの直径は最近だと300mmとかですね。(そこから、フルサイズのセンサを作りたいなら36×24mmよりちょっと大きいくらいのサイズで切り出すので、まあ大体80枚とかそのくらい取れます。しかし欠陥というものがあるため、実際に素子として使える確率はかなり低くなります。せいぜい50%くらいでしょうか?実際の歩留まりについてはよく知りません。)

で、ウエハの片面を研磨して鏡面加工します。
この鏡面加工した面が表面、つまり回路を形成していく面になります。
鏡面加工をしたら、熱酸化させてリソグラフィやってエッチングして・・・という工程を経るのですがまあ長いので省略しましょう。
あ、熱酸化の前にフォトダイオードを基板に埋め込む工程があるのかな?多分。

で、表面にセンサ用回路が作られたわけです。
ここに更にカラーフィルタとマイクロレンズを載せればデジタルカメラ用センサの完成です。
こうやってできたセンサが表面照射型のセンサになります。

じゃあ裏面って何?ってことになりますね。
ここまで読んできて気づいた方がいると思いますが、表面照射型では、フォトダイオードの上に更に回路を形成して、その上に更にカラーフィルタやマイクロレンズを載せているので、(光電効果が起こってどれだけの光を受けたかというのを検知するための)フォトダイオードにまで回路が邪魔になって光が届きにくいのです。もちろん回路が一画素の大きさと比較して非常に小さい、というのであればあまり問題ないのですが。(なので画素ピッチの大きなセンサでは裏面照射にしなくても光を沢山取り込めるので高感度耐性が強いのです。)

で、画素ピッチの小さいセンサでも回路が邪魔にならない方法は無いかと考えた人が思いついたのが、基板の裏側から光を入射させて、(回路の所を通らなくても)直接フォトダイオードに光が届くようにしよう!という手法です。

しかしこの方法には問題が。

フォトダイオードは、回路形成の前に基板表面側から埋め込む必要があります。(形成する回路と確実に接続しなくてはならないので)
なので、フォトダイオードを外に出すには基板の裏面側を削っていってフォトダイオードを露出させるしかありません。
ですが、そんなことをしたら欠陥がめちゃめちゃ増えます。
完璧に均一に、しかもnm単位の精度で削って薄くしていかなくてはいけません。

ということで、優れた研磨技術が必要になるのです。
こうして考えていくと、スゴい技術だと思えます。どうやってるのかは分かりませんが。

小さいセンサなら研磨もしやすいし、単位面積当たりの欠陥の発生確率も低くなるので、これまでの裏面照射は小さいセンサのみで実現していました。

しかしここにきて1インチセンサでの裏面照射の実現。

ソニーのセンサ製造技術は半端じゃないですねー

もしかしたら、歩留まり悪いけどなんとか製品として出してみたって感じかもしれませんが、それでもスゴいことです。

ニコン1V3あたりで、多分このセンサを採用するでしょうね。

今後の進展が楽しみな分野です。

あと、450mmウエハが実現してくれれば中判デジタルも手が届きやすくなるかもしれないし、フルサイズは更に安くなるでしょうし、本当に楽しみです!




あ、RX1Rのこと忘れてた。
これ、なんで出したんですかね?
誰も得しないと思うんですが。
[PR]
by krosyu | 2013-06-28 03:32 | Camera

PENTAX Q7と07レンズについて & 聖地巡礼『はたらく魔王さま!』

今日はQを使った写真を載せるのでQの話を。

先日Qの1/1.7型センサー版、Q7が発表されましたね。
恐らくMX-1のセンサーと同じものだと思われるので、きっと良い描写をするのだと思います。(今のQも非常に魅力的な描写ですが)
また、センサーが大きくなり、レンズのイメージサークルに対する撮像素子面積が大きくなったので、画角もQ, Q10とは異なります。
35mm判に換算すると、01レンズは39mm F8.7, 02レンズは23〜69mm F13〜F18, 06レンズは69〜207mm F13というスペックになります。
どのレンズも、大変使いやすい焦点距離になりますね。
恐らくQマウントというのは、当初からこの1/1.7インチセンサーを想定して設計されたマウントなのだと思います。
Q7になったことで、Qシステムはとてもコンパクトで使いやすく、描写も良いという夢のシステムカメラに変貌するかもしれませんね。

惜しむらくはデザインがQ10のままという点です。
Q10のデザインは正直野暮ったいと思います。
デザインは初代Qがあまりにも優れていました。

マグネシウム外装のQ後継機を出してほしいところでしたが、そうなるとまた高価になってしまうので難しいところですね。
Qは値下がりした後はかなり売れたように思うんですが、それまでは正直殆ど売れてなかったように見えました。
メーカーとしては価格の安めなQ10系統でまずアピールして反応を見た後に初めてQ後継を考える、というところですかね。

個人的にはQ7よりも、ずっと出せ出せと言っていたマウントキャップレンズこと、07 MOUNT SHIELD LENSの発売がようやく決まったことが嬉しいです。
これまではポケットに01レンズ付Qを入れたら、どうしてもレンズ部分が張り出してしまっていましたが、この07レンズを付けることでiPhone4を三台重ねた程度の厚さに収まるため、ポケットに入れても自然に持ち歩くことができます。
モビリティがとても向上しますね。

ただし注意したいのは、2m程度の固定焦点であることと、F9固定絞りであることです。ピントの合う場所は決まっているし、ボケ量の少ない写真しか撮れません。
また、一群一枚の正真正銘単玉レンズなので、収差も非常に大きいです。
作例を見る限りではなかなか面白い描写をすると感じたので、早く自分でも撮ってみたいところです。
とにかくこのレンズは、ただ「写真を綺麗に撮りたい」と思っている方にはオススメできません!
カメラを薄くして収納性を上げたい、そして一風変わった描写を楽しみたい、と思うような方でなければ「なんだこのクソレンズは!」とぶん投げてしまう可能性は多々あります。
ご注意ください。

Qマウントの今後については、まずテレマクロレンズの発売が急務だと思います。
せっかく小さいのですし、マクロ撮影も楽しみたいという方は多いのでは?

あとは超広角レンズも(設計が困難ですが)欲しいところですね。

その後、大口径レンズが出てくれれば万々歳です。

そこまでいけばQはシステムとして完成と言えるのではないでしょうか。



---------------------------------------------------------



転んでもただでは起きぬ男こと、クロシュー。
東京に行ったついでに『はたらく魔王さま!』の舞台である幡ヶ谷駅に行ってきました。

笹塚駅の隣。
a0290637_2342584.jpg


マグロナルド幡ヶ谷駅前店・・・
a0290637_2335499.jpg

があるはずの場所にはモスバーガーが・・・
a0290637_2341531.jpg

まあマックもモスも大して変わらないですからね。問題ありません。
a0290637_2334761.jpg

前も書いたかもしれませんが、モスのハンバーガーってあまり好きになれません。
甘ったるくてどうもハンバーガー食べてる気がしないというか・・・やっぱりハンバーガーはIN'N'OUTが一番です。


向かいのセンタッキーフライドチキンがあるべき場所にはドトール。
a0290637_234243.jpg



すぐそばには崩落した首都高速が走っています。
a0290637_234927.jpg




ちなみにマクドナルドは幡ヶ谷駅改札出てすぐの地下街にありました。
a0290637_2334179.jpg




東京は夜でも明るいので、街の写真が撮りやすいのですね。
Qしか持って行かなかったのですが、十分でした。
東京に来るたびに、つくづくイナカモンであることを実感します。
[PR]
by krosyu | 2013-06-27 03:10 | Camera

オカエリナサト K-5

なんとK-5が!
a0290637_2042932.jpg

IIsにパワーアップして帰ってきました!






・・・まあ正確には帰ってきたわけではないですが・・・

でもやっぱりこのカメラは最高です!

手放して初めて気づくその秀逸さ!

今度は型落ちしても手放さないようにします!

いやーこのハンドリングの良さ・・・他じゃ味わえないね・・・




で、さっそくK-5IIsで紫陽花の写真を撮ってきました。

a0290637_2091950.jpg


a0290637_2094675.jpg


a0290637_2094299.jpg




卵から孵ったのか、ちっこいカマキリがたくさんいました。被写体は同じ個体ですが。
a0290637_20101120.jpg


a0290637_20104362.jpg


a0290637_20104219.jpg




K-5より断然よくなってますね!!
光量が少なくてもAFが合う合う!

ローパスレスのおかげでK-5で悩まされた高周波域でのモヤモヤが解消されているし・・・

これ最高のカメラです!!



ギリギリまでGRと迷ってたけど、やっぱりこっちにして良かった!!





ついでにQで撮った紫陽花も。
a0290637_20144096.jpg

Qも良い描写するんですよねえ・・・
センサーの大きくなった新しいQの噂も出てきたし、マウントキャップレンズもようやく発売されるようだし、やっとリコーとくっついた恩恵が現れてきたってところですかね!
これから先フルサイズ機や645D後継機が控えているだろうし、より一層楽しくなりそうです!!
[PR]
by krosyu | 2013-06-10 20:17 | Camera

聖地巡礼の旅 『たまゆら』 後編

中編から引き続き、竹原の町を巡ります。

階段を上り、普明閣へ来ました。
a0290637_2354063.jpg


ぽってが写真を撮っていたところ。土足禁止。
a0290637_2353565.jpg


ぽってがファインダ越しに見ていた景色を撮ろうと、精一杯身体を乗り出して撮りました。
a0290637_23525820.jpg


ここで激しい雨が降ってきたので普明閣で雨宿りさせてもらいました。

a0290637_23585185.jpg






雨が止むのを一人寂しく待っていたら、そろそろお好み焼き『ほり川』の開店時間。
ちょうど小雨になった頃を見計らい、普明閣を下りて『ほり川』へ。


もちろん注文はほぼろ焼き。
a0290637_2354437.jpg



5分ほど待つと、完成品を持ってきてくれました。

朝食べたきりだったのでお腹はペコペコ。さっそく頂きます。
a0290637_2354270.jpg



。。。旨い!

広島風お好み焼きはあまり好きではなかったのですが、このほぼろ焼きは最高に美味です!

普通の広島風お好み焼きと違い、卵や焼きそばが邪魔に感じません。
タレと具と、上手くマッチした味になっています。


竹原を訪れた際には、たまゆらを知らない方も是非ご賞味あれ。
ごちそうさまでした。



外に出ると雨はやんでいました。


町並みを北上し、途中のおかかえ地蔵の方へ。
a0290637_2354129.jpg

ここもたまゆらに出てきたところですね。


更に北上すると、『cafeたまゆら』のモデルとなった喫茶店がありました。
a0290637_2354170.jpg

残念ながらこの時間にはもう開いていないようでした。

憧憬の広場も途中にあったのですが、工事中。


次は胡子神社へ。
a0290637_2354552.jpg


桜が綺麗に咲いていて、一眼レフで桜を撮りに来ている方も何人かいました。
a0290637_235432.jpg


a0290637_2354261.jpg


竹が組まれています。おしゃれ。
a0290637_2354417.jpg




これでまちなみ保存地区はあらかた回ったかな。
そろそろ日も暮れそうなので帰ることにしました。

帰りしに猫と出会う。
a0290637_2354518.jpg

ももねこ様ではありません。

道の駅たけはらに帰還。
a0290637_2354659.jpg




竹原、良いところでした。
また今度来たいですね。次は大崎下島にも行ってみたいところです。
a0290637_2354693.jpg

ご拝読ありがとうございました。
[PR]
by krosyu | 2013-05-24 00:18 | Anime

高山

これから高山に発ちます!
6時にタイミング良く平湯の湯に着きたい!
a0290637_2064629.jpg


a0290637_2064497.jpg


a0290637_2064469.jpg

[PR]
by krosyu | 2013-04-02 20:07 | Photo

温泉

a0290637_22524786.jpg


に行きたい。
[PR]
by krosyu | 2013-03-30 22:53 | Photo


見ていただきありがとうございます。旅先などで撮った写真を載せています。


by krosyu

プロフィールを見る

最新の記事

ヒューッ! HD PENTA..
at 2015-02-15 16:11
金華山からの眺め
at 2015-02-10 03:45
あけましておめでとうございま..
at 2015-02-09 20:38
2014年
at 2014-12-31 15:19
pro400
at 2014-12-08 18:09

以前の記事

2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

カテゴリ

Photo
Anime
Note
Camera

検索

タグ

(63)
(36)
(26)
(24)
(20)
(17)
(16)
(15)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(10)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(6)

フォロー中のブログ

しなしなとだれかのお写ん...
EXcITё PHOTO...
のんたんのデジタルな風景
タッチの 楽写空間
白金の森から
Sentimental ...
写真家・相原正明のつれづ...
温   泉   記
レンズ地獄(35mmレン...
larywa
彷徨の咆哮
Okimu
素なっぷ
カメラを相棒に
NK's PhotoBlog
花中草中
Made in the ...
暗室生活
ぴーたんの美味しい毎日 ...
アモーレがいっぱい
夜と夜の旅
ego.
schole
■ emaNoN ■
HarQ Photogr...
area code 072
流れのほとり
One Shot
スクエアな時間
b - r o a d
bouillon
ひろままのフォトブログ
le fotografi...
オールドレンズの楽しみ
「シュクレはお留守番」ス...
写真家 永嶋勝美の「散歩...
景観散歩日和
NO ANCHOVY, ...
ASPHERICAL W...
一期一会
BobのCamera
からっぽのソネット
気ままに撮影記
cordon bleu
NINE'S EDITION
another_side
関東住みでも満天の星景写...
きゃめら片手に
asty's Photolog

その他のジャンル

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31